蜜柑の買い物、時々おやつ。

欲しいもの、食べたいおやつがまだまだあるよ。

竜宮城で「玉手箱」を買ってきました。アトリエうかいの缶入りクッキー。

以前、おじさん達と飲んでいたとき、昔話のストーリーをちゃんと覚えているかという話しになりました。 カチカチ山って、誰かの背中が燃えるんだっけ?とか 金太郎は、マサカリを担いでるだけだよね?とか 結構なうろ覚え状態。 そんな中『浦島太郎』の記憶…

2ヵ月ぶりの会社と、おじさんと、スタバのシナモンロール。

4月からずっとテレワークが続く中、本日、久々に出勤しました。 大学生の頃、夏休みが長すぎて、久しぶりに学校にいく時、乗り換え駅を間違えたことのある私。 今日は間違えることなく無事に会社に辿り着くことができましたが、乗り換え駅で階段を使用した…

ホロシャツの襟を立てている。そんなことも気にならないくらい秀逸なYouTube。

紺のポロシャツの襟を立てて、ホワイトデニムをはいている。 若い頃の石田純一さんのようなファッションが、ちょっと苦手です。 襟を立てている人がいると、 襟立ってるなっていうのが気になって 話が入ってこなくなるんですけど、 襟が立っているのに、話が…

でんぶが、でんぶが、でんぶがぁぁぁぁぁ。神田志乃多寿司の太巻き。

幼稚園の頃、母が突然入院したことがあります。 すぐに戻ってくるからねと言って急にいなくなり、3週間くらい入院しました。 それでも、父もいたし、兄もいたし、叔母が泊まりでまだ小さかった私達の面倒を見に来てくれたし、特に泣いたり、ぐずったりする…

フルーツサンドほど、無意味なものはない説の検証。

中年仲間に言わせると、フルーツサンドほど、無意味なものはないそうです。 ケーキとしては微妙だし、普通のサンドイッチのように食事にもならないし。 ほ〜。 これを聞いた時、驚きましたよ! 私は、ただの食パンに、無限の価値を追加した発明品だと思って…

殺意を覚えるほど、好きなもの。

西アフリカ・ガーナのお葬式って、ド派手ですごいんです。 何がすごいって、まるでアートのように派手できらびやかな棺桶で亡くなった方を送るんです。 生前の職業や、好きだったものを棺桶で表現するらしく、 船やら、魚やら、シマウマやら、ビール瓶やら、…

糖質マシマシ、筋トレ英会話。

筋肉質は、粘着質。 マッチョな方は、目標に向かって、継続的に努力するのが得意らしいです。 まあ確かに、体格による性格の傾向って一理ありますよね。 私の体は、筋肉質でも、粘着質でもない、糖質。 炭水化物いわゆる糖質から成る、ゆるゆるの体。 そうな…

突然ですが、英会話始めました。

緊急事態宣言から1か月以上が経ち、引きこもり生活がすっかり板についてきました。 時間のあるうちに、仕事でとろうと思っていた資格の勉強。 明日から、明日から、と思っているうちに、そろそろ緊急事態宣言も明けそうです。 明日からと思うとストレスなの…

父とステテコ。

みなさんは、占いを信じますか? 私は毎朝『目覚ましテレビ』の星占いで、うお座がビリだとがっかりしますが、『特ダネ』が始まるとすぐに忘れてしまいます。 お金を払ってまで占いをするのは・・・ちょっとないなあと思っているタイプです。 でも、人生で一…

明日は魚釣りをしよう。

私は「いろんな人に道を尋ねられる」という珍しい体質に加え、「お年寄りによく話しかけられる」という体質も持ち合わせています。 バスの停留所や郵便局、花屋の店先、本屋さん、近所の道端などなど、お年寄りとの出会いスポットは多くあります。 昔、家を…

田園調布からお取り寄せ。お金持ちのクッキー。

田園調布に家が建つ。 漫才師セント・ルイスのネタを思い出した方は、なかなかの大人です。 このネタで「田園調布=お金持ちの街」というイメージが、子供の頃の私の頭に植え付けられました。 私のお金持ち初体験は、小学生の時の同級生・マスクメロンちゃん…

ケツの穴の小さい男。

度量の狭い人、特に男性に対して「ケツの穴が小さい」という表現を使いますが、 ケツの穴って、普通小さいものですよね? 会社のとても優秀な同僚(女性)が、男性上司からつまらない嫉妬をされるのを聞いて、 ケツの穴が小さい男だねって、自分で言いながら…

謎の男、ハリネズミさん。

オンライン会議が面白すぎると書いた先日のブログ。 そちらに登場した会社のおじさん、ハリネズミさんを今夜はフィーチャーしたいと思います。 ハリネズミさんは、推定50代前半、一見、どこにでもいる普通のおじさんです。 なぜ、ハリネズミか。それについ…

みんな〜、イチゴ狩りの時間だよ〜。

ふぎゃああああ。 出かけたい、出かけたい、出かけたい。 テレワーク中の平日は、「家って快適♪」とすんごく満喫しています。 週末が近づくと、ああ、今週末も家にいるのかと思うとムズムズしてきて、お散歩に連れて行ってもらえない「犬」状態に。 でも、我…

コロナ自粛→007→甘くてしょっぱいスコーン。

この春、一番ショックだったことは、007最新作がコロナの影響で11月まで上映延期になってしまったこと。 撮影中、主演のダニエル・クレイグが怪我をして、本当は2019年上映のはずが、春になり、そしてコロナで秋になり。 なので、絶対、コロナは秋まで…

深夜の、イチゴ飴レッスン。

今話題のイチゴ飴。 中年だって食べたいんです。 でも、私の料理偏差値は、推定40。 希望校ではなく、入れる学校を探さなくてはいけないレベルです。 例えば、料理本のレシピ通りに、鶏の「もも肉」を買ってきたのに、 もう一度レシピを見ると、鶏の「むね…

殺し屋 → ハリネズミ → わらび餅。

テレワークに入ってから急増した、オンライン会議。 毎週月曜日は、単身赴任のおじさんたちの生存確認もかねた、チーム全員(15名弱)参加のオンライン会議があります。 カメラに映る姿が、もぅ、おもしろすぎるんです。 家の中なのにニット帽をかぶっている…

お母さんの二の腕。

私の母はもともと小柄で、年をとってからは縮んで、ますます小さくなりました。 7年ほど前にちょっと入院をしたことがあり、その頃から急激に小さくなった気がします。 出かけていて歩くのに疲れた時、乳母車に乗った赤ちゃんを見ると、母も乗りたいと言い…

ウネウネのペタペタ系。

どんな男性が好きかと問われたら、私は頭がペタっとした男性が好きなんです。 優しいとか、賢いとか、そういうのはまぁもちろんありますけど、何にグッとくるかといったら、ペタっとした頭なんです。 ペタっとしたというと、帽子を外した後の「しんなり」し…

ちょうど良い、ダサさ。

老若男女を問わず、私はものすごくよく道を尋ねられるんです。 日本人、中国人、韓国人、タイ人、アメリカ人、フランス人・・・。 人種、性別、年齢、身長、体重、未婚、既婚を問わず、いろんな方から尋ねられます。 観光で訪れたチェコのプラハで、韓国人の…

3つ星シェフの、特製だんご。

みなさんは、誰かに似てると言われたことはありますか? 私は高校生の頃、丸顔にショートカットだったので、鈴カステラに似ていると言われたことがあります。 自分ではキョンキョンのつもりだったので、驚きましたが、今当時の写真を見ると確かに鈴カステラ…

カルピスは、ヤギのおちち。

私は心も体も、カルピス育ち。 カルピスをチュパチュした時のリラックス効果は以前に語りましたが、カルピスで忘れてはならないのが、テレビアニメシリーズ『カルピスこども劇場』。 アルプスの少女ハイジ、フランダースの犬、母をたずねて三千里などなど、…

花より飴ちゃん。

花より団子。 みなさんは、花派ですか?団子派ですか? 私は断然、お団子派です♪ 正確には、みたらし団子派です♪ 甘くて、しょっぱいって、おやつなのに、ほぼ主食。 遠足のバナナが、お弁当か、おやつかと度々議論されますが、むしろ、ディスカッションすべ…

憧れの街。

先週末、金曜ロードSHOWで久々に観た『魔女の宅急便』。 キキが暮らすことになった「コリコ」という街に、私の憧れる街のすべてが詰まっています。 足りないのは、「お団子屋さん」くらいでしょうか。 空が広くて、海が見えて、美しい町並み。美味しいパン屋…

コロのおやつ。

私が子どもの頃、親戚の家で飼っていた秋田犬のコロ。 大きくて、賢くて、やさしくて。 コロが人間だったら、大人になって恋に落ちたかもしれないイケメン犬でした。 コロの大好物は、ココナッツサブレ。 今思うと、人間が食べるお菓子をあげていたなんて、…

お局さまの詩(うた)。

ホワイトデーにお返しを、お局さまにはあげたくないと書いているブロガーさんがいました(涙)。 びっくりする速さで、それはそれは猛スピードで、30代半ばを過ぎた頃からさらに加速し、気づくとすっかり中年の私。 社内を仕切る年長女性を「お局さま」と定…

注意*下ネタではありません。

水玉のモチーフやかぼちゃの絵画で知られる芸術家の草間彌生。 かなり以前、NHK『日曜美術館』での特集を、たまたまテレビで家族と観ていました。 ある立体的な作品が紹介されていて、ムーミンに出てくる「ニョロニョロ」みたいなものがいっぱいくっついてい…

モテキ到来。

先日、人形焼との恋愛遍歴を赤裸々に語った私に、まさかのモテキが到来です。 コロナコロナで世の中が大変なことになっている中、私が勤める会社も業績大幅ダウンで大混乱。 我が社は、斜陽業種の大企業。それでなくても緩やかに沈むタイタニックに、隕石が…

会社のおじさん、ポンカンさん。

会社にプロのおじさんがいるんです。 何のプロ? ですから、おじさんのプロです。 名前はポンカンさん(仮)。 ランチから戻ってくると、さりげなくゲップしちゃったり、 忘年会の時、なめたお箸をお鍋に入れちゃったり、 会議でわからない質問をされると、…

中年もはしゃぐ。赤坂のメルヘン・フレンチ「クレアバックス」。

先週末の土曜日、「メルヘン♪」を注入しに赤坂に行ってきました。 私のお誕生会のために中年仲間が予約してくれたフレンチ「クレアバックス(Crear Bucchus)」。 前菜から、メイン、デザートまでとにかく美しくて、ずっと続くメルヘンの世界。 こちらは何と…